タイトルは「100リットルの汗」にしたかった・・・・けど臭そうだからやめた!自転車日本縦断に行ってきます!!

退職準備!転職サイトを考察!!最初の一歩に最適のサイトはどこ?

jun
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
jun
京都府在中の30歳。 高校卒業後すぐ公務員として安定街道を進み出すも、「今のままでいいのか?」という疑問に苛まれ2018年退職を決意した贅沢病患者! 症状が重篤なため、落ち着くための旅に出発
Mr.モアイ
転職!!
何を怖がる必要がある?
Jun
いやいや
積み上げたものを捨てるのは勇気いるで・・・
現状より良くなる保証なんてどこにもない
踏み出せ無いのは寧ろ当然では・・・
Mr.モアイ
今から10年後
お前は後悔していないか?
踏み出さ無かった一歩は必ず人生を左右する
Jun
ハっ・・・
Mr.モアイ
最初の一歩だ!
世の中にはインターネットなる便利ツールがある
使わない手はない!!

っという感じで僕は、本気で転職を考え出しました。

結論いうとまだ悩んでます。

私の場合は以前から考えていた夢がある一方。思考回路は安定思考のド平民・・・・

夢とリスクの荒野を行くか

それとも

安定と言う名の退屈の中で身の丈にあった人生を生きるか

無理だ選べない・・・

まさに人生の岐路・・・

悩みに悩み抜いた末、私は・・・・

出ることにしました。

Mr.モアイ
Whi?

 

って感じですが、そうなってしまったのだから仕方がない(旅立つ経緯のエピソードはまた別で紹介します)

相談乗ってくれた沢山の方ごめんなさい。

ただ、その思考に至る前段で転職エージェント(アドバイザー)にはたくさん相談に乗っていただき何度も背中を押していただきました。

最初、なんのビジョンも無かった僕なんぞの話を親身にきいていただき、為になるアドバイスを沢山いただき本当に感謝しています。

皆さんも仕事やこれからについて迷っているなら、ひとりで悩むよりプロに相談してみてください。

必ず助けになることと思います。

Mr.モアイ
安心して欲しい

転職企業に「旅人」の記載は無かった

転職までの流れ

まずはじめに転職にあたり、

会社を辞めてから考えようという刹那的な考え方は絶対にやめてください。

ぶっちゃけ足元見られます。

勿論、すぐに働ける人材は相手方の企業にとってもありがたい存在で採用までスムーズになりそうですが、

多くの採用担当者は足元見ます。採用担当者もサラリーマンです。採用時期なんて些細な問題です。

使える人間かどうか、そこが一番大事。現在働いてる方が確実に印象良いです。

Mr.モアイ
ノージョブの人間のセリフとは思えないな

私が使った方法は以下の通りです

1.転職サイトに登録

2.転職サイトで求人情報を検索

3.気になった求人エージェント(アドバイザー)に伝える

4.エージェントから応募する←面談を通して作成した推薦状をつけてくれる

もちろん3、4を飛ばして直接応募も出来ます。
ここは意見が分かれますね、エージェントも商売です。転職成功させて初めて報酬が発生する仕組みなので、もしかしたとんでもない会社を薦められる可能性もありますし、自分だけでは書類選考も通らない会社に就職出来る可能性もあります

Mr.モアイ
要は使い方だ!!
搾取されたくなければ労力を惜しむな!考えろ!
そうすれば必ず新しい可能性は見えてくる

ただ間違いなく転職のプロです。話は非常に勉強になります。加えて紳士でした。
料金無料で人生感変わるオプションつきなら、半日払う価値は十分にあると思います。
繰り返言いますが、彼ら転職成功させて初めて報酬が発生する営業マンなので、われわれ転職希望者のために必ず力になってくれる筈です。有用に活用しましょう。

Mr.モアイ
加えて受付は美女だ!

オススメの転職サイト

転職活動の利点

おっくうになりがちな転職活動ですが、大きな利点が3つあります。

・自分の社会的な価値がわかる

・自分の属する企業の価値がわかる

・自分の状況が客観的に見れる

これは大きなメリットです。

転職するにしろ、しないにしろこれがハッキリとしてないと迷いが生じます。

辛くて逃げ出したいぐらいの状況でも、もしかしたら世間からしたら当たり前なのかもしれない。
または、すぐ逃げた方がいいのかもしれない。

もしかしたら世間には自分の培ったスキルを大歓迎で迎えてくれる世界があるかもしれない。
もしくは誰も必要としてないかもしれない。

それが分かるだけで人生には大きなプラスになる筈です。

勿論、望む結果にならないかもしれませんが、その時は地に足をつけて頑張っていく覚悟が出来る筈です。

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
ブログ村のランキングに参加しています
応援よろしくお願いします

この記事を書いている人 - WRITER -
jun
京都府在中の30歳。 高校卒業後すぐ公務員として安定街道を進み出すも、「今のままでいいのか?」という疑問に苛まれ2018年退職を決意した贅沢病患者! 症状が重篤なため、落ち着くための旅に出発

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 消費カロリー10万kcal , 2018 All Rights Reserved.