タイトルは「100リットルの汗」にしたかった・・・・けど臭そうだからやめた!自転車日本縦断に行ってきます!!

【日本縦断:16日目:那覇〜波照間島】日本最南端到達!ここが波照間島!時間の流れは物理学的にも遅かった!?

jun
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
jun
京都府在中の30歳。 高校卒業後すぐ公務員として安定街道を進み出すも、「今のままでいいのか?」という疑問に苛まれ2018年退職を決意した贅沢病患者! 症状が重篤なため、落ち着くための旅に出発

昨日に引き続き最果てシリーズ!今回は正真正銘日本最南端!沖の鳥島ではないですよ!あれはあくまで排他的経済水域を死守するための国家の重要拠点ですから一般人は入れません。

今回行くの日本の国土で一番南の有人島です。

さあ、いざ波照間島へ。

それにしてもミスりました。今日のブログを書くにあたり波照間島の気の利いた紹介を考えてるのですがラフテルしか思いつかない(/□≦、)
昨日ラフテルネタを使ってしまったのでそれ以上を出すしかないですからね!頑張って考えます

と思い立ったのが12時間前どんどん時間だけが過ぎていく。もうすでに三食ご飯を食べて夜食に取り掛かってます。

「新世界」「暗黒大陸」「グルメ界」「アレフガレド」色々あるけど・・・わかる人いるのこれ?って名前ばっかり。
もう仕方ないですね、日本人にとっての最果てはあくまでラフテルです。ワンピースが最強です。

そういえば最近読んで無いなワンピース。島で読もうとしたら

なんと8/16号!これはチャンピオンですけどね。ジャンプは無かった。
まあこれだけ遠いんだから時間の流れが違ってもおかしくはないんですかね?
まさか日常で相対性理論を感じる日がくるとは!

”特殊相対性理論”

速く運動している物体の時間の進み方は、他の物体からは間延びしているように見える

我々は急いで生き過ぎてるのかもしれません。この島からみた故居は恐ろしく速い時を生きている気がします。その速さは遂に週刊誌の発売を遅らせるに至った・・・

今日もいい感じに適当なこと言ってます。

そもそも相対性理論引用しましたが、これでいくとこっちの速度の方が早くないと矛盾しますからね!
付け焼き刃で扱うには無理があるネタでした。

ではでは16日目始まります。

16日目のルート

今日の目的地、日本最南端の地である波照間島に行くにはまず石垣島に渡りそこからフェリーに乗り換える必要があります。
石垣島は人口約5万人の観光地なので飛行機も結構出ているし、かなり都会ですが波照間島は違います。
まさに最果て!日に4本のフェリーが唯一の交通手段です。

しかも欠航率バリ高!一説には5割を超えるとか・・・

那覇空港から石垣島へ

そういえば昨日の宿を紹介してませんでした

ゲストハウス「GRAND NAHA」
一泊2,500円の格安宿。あんまり否定的なことは書きたく無いですが・・・
裸でうろつく外人!夜中まで騒ぐ酔っ払い!収容所クラスの大量の二段ベッド!
ただ安い!その一点の正義を信じ抜ける方のみにオススメです。

気を取り直して飛行機乗ろう♪

←便利な時代ですね。ルート入れたらスマホで簡単にチケット予約出来てしまいます。
ただし航空会社の公式サイトで以外で予約すると無用な事務手数料をとられる可能性がありますので飛行機のチケット予約する際は注意が必要です。あと直前になるほどチケットは高い(/□≦、)その日その日の気分で動く僕には痛いシステムです。

昨日空港に預けた荷物を回収!7:30〜20:00の間なら自由に荷物の受け取り可能です。
自転車とサイドバッグ×1を一日預けて1,500くらいでした。
自転車持ち歩く羽目にならずに本当に良かった。

飛行機搭乗!
今日は窓際座れた!間近で見る雲はどうしてこんなに食欲を唆るのか!!
ゼラチンかなんかで固めてシロップかけたら絶対美味い筈!近い将来食べれる日がくると僕は信じています。

夢中でパソコン叩いてたら横からそっとコーヒーを置いてくれるCAさん!
なにも言わなくても蓋とストローを付けてくれる気配りはまさに「お・も・て・な・し」
おもわず「TOKYO!」って言いそうでした

そうしてる間に石垣に到着!
50分なんてあっという間です。

空から見る石垣は割と緑色!けっこう都市部も目立つ!
機会があれば一周サイクリングしたいものです。

空港でタクシーを待つ間に記念撮影!
自転車で行けって?

←時間が無い!
空港到着時点で10時30分!
港まで車で30分!
自転車だと約3倍は掛かる!
無理だ!

 

この旅は自分に甘めな旅!
タクシーでスイスイ!
前方の雨雲はスコールだと運転手さんが教えてくれた。視界ゼロのシャワーが30分程度降り注ぐそうです。
自転車で出会いたくないランキング2位くらいに入るやつですね。
因みに1位は夜道の大型トラック。

地元の英雄と記念撮影!
彼は凄い人なのだ。銅像になるくらい凄い人なのだ!
いや過去形なのか・・・わからない・・・紳助のプロデュースの所為でわからない
けどとりあえず写真は撮る。

乗船!

波照間島到着!

石垣から約80分の船旅です
船からの景色は撮影する余裕なかったです。かつてない揺れ!
内臓の浮遊感が限界を超え、BGMに「君を乗せて」が鳴り出した頃

ラピュタがなぜ滅びたのか、私よくわかる。ゴンドアの谷の詩にあるもの。
「土に根を下ろし 風と共に生きよう 種と共に冬を越え 鳥と共に春を歌おう」
どんなに恐ろしい武器を持っても、たくさんのかわいそうなロボットを操っても、
土から離れては生きられないのよ。



到着!

酔い止めは持って行くことを推奨します。

素晴らしい景色!
シータの言う通り人は土からは離れられないことを実感

けど海もいいな!9月とは思えない水温!透明度!
こんな良い色ブルーハワイ的な味を期待したんですがね・・・味は塩味!

黒糖ソフトクリームなるものを発見!当然食べなくてはなりません。

この旅最高の美女が作ってくれたソフトクリームを食す。
「黒蜜はかけ放題ですよ」っと美女が言う
黒蜜嫌いの私は笑顔で「大盛りでお願いします」とオーダー!
とても甘い・・・めっちゃ甘い・・・最高だ!

美女と記念撮影!
頭突きをバッチリ食らいました・・・ご褒美です

アイス食いながらゆっくりしてると地元のおじさんに早く帰った方がいいとアドバイスを貰う。
この日は台風24号が発生し海が大荒れの日。
テレビつけたらとりあえず台風速報が流れます。

しかし目的を果たすまでは帰れない!いよいよこの国の最南端へ

最南端へ至る

この瞬間日本の一番南にいる男になりました!
良い場所です。この場所ならどんな行動も日本一になれる。
「日本の一番南で飯を食う」
「日本の一番南で昼寝をする」
「日本の一番南で用を◯す」

気分良い!

最南端制覇です!

売店に行って買い物!
ここには波照間産の伝説の地酒があるとのこと

泡波!価格は500円ほどだがこれを東京で買って飲むと軽く3〜5倍するとのこと!
味はなんか美味しい気がするけど正直泡盛はわからん!

コート盛で記念撮影!
琉球石灰岩を積み上げた遠見台とのこと。琉球王朝時代に造られ、海上や往来する船を監視していた。
とりあえず登ったけど台風の風が凄い!不安になって港へ

ぐるぐる余分に走ったけど、大体一周これくらい。
道も平坦!今日は足に優しいな

さらば波照間島!なんとか船に乗れた。
乗り場の受付で聞くと明日からは当分船出ないとのこと。
滑りこめて良かった。
泊まりたかった気もするけど。

港で旅人のお兄さんに聞いた話だと、この島は星が最高に綺麗で日本で観測可能な星座84の内81が見れるとても素敵な天体観測スポットとのこと・・・

天体観測所もある!

泊まりたかった(/□≦、)

けど仕方ないこの島に缶詰はちょっと無理だ。

再び石垣島

帰りの船については多くは語りません。

こんなイメージです。

さあ胃が空っぽです!ご飯にしよう

旅のお兄さんに聞いた石垣島の隠れた名店へ
店員の態度に目をつむれば最高とのこと。

八重山そば!この地域の名産らしいです。
乗ってるのは豚バラかな?非常に美味しい!美味いは正義ですね!

今日の宿は東横イン。本当にどこでもある!

楽しい旅でした。まさに非日常!
行ったことない所にいくのは楽しいな♪

明日も最果てシリーズ!西の端!与那国島を目指します。

家計簿

食費:2,000円
飲み物(酒含む):2,510円
宿泊費:5,200円
その他(交通費):26,800円
合計:36,510円

 

追伸
これは9/24現在の話です。
現在筆者は台風で与那国島から脱出不可能のなりかつてないスローライフを過ごしています。
それはまた明日語らせていただきます。

↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
ブログ村のランキングに参加しています
応援よろしくお願いします

この記事を書いている人 - WRITER -
jun
京都府在中の30歳。 高校卒業後すぐ公務員として安定街道を進み出すも、「今のままでいいのか?」という疑問に苛まれ2018年退職を決意した贅沢病患者! 症状が重篤なため、落ち着くための旅に出発

Comment

  1. ハンド より:

    沖縄をかなりエンジョイしてるようで笑
    景色最高にキレイやねー(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)
    また、明日の更新も楽しみに待ってる‼️

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 消費カロリー10万kcal , 2018 All Rights Reserved.